仏教に触れてみる

仏教に触れてみる

【人事部長の教養100冊】スッタニパータ(ブッダのことば)

数ある仏教の経典の中では最古であり、釈迦の思想及び最初期の仏教を最も正確に後世に伝えるとされる経典集。スッタは「経」、ニパータは「集まり」の意味。仏教思想の源泉を知るのに最適の一冊。「スッタニパータ(ブッダのことば)」の要約・解説・まとめ。
2022/05/08
仏教に触れてみる

【人事部長の教養100冊】「歎異抄」唯円

真宗の開祖親鸞の死後、信徒の間に種々の「異」説が出たことを「歎」いた弟子達が、正しい教義を示すために編纂した「抄(注釈書)」。「悪人こそ救われる!」など、既存の仏教や道徳をぶち壊すロックで過激な教えを展開する。
2022/03/19
仏教に触れてみる

【人事部長の教養100冊】「般若心経」玄奘三蔵訳

大乗仏教の経典『大般若経』600巻のエッセンスを262文字に凝縮。釈迦が到達したとされる真理を含めて、それまでの仏教で信じられてきた教義を否定しまくるロックなお経。人生が苦しいと感じる人にオススメ。「般若心経」の現代語訳・要約・解説・まとめ。
2022/03/19