理想の世界(政治・平和・教育)

理想の世界(政治・平和・教育)

【人事部長の教養100冊】「エミール」ルソー

ルソー思想の集大成であり、教育学の古典中の古典。少年エミールがソフィーと結婚するまでの25年を「私」が見守り、助言し、文明社会によってゆがめられない自然人の理想を目指して指導するという哲学・道徳・教育小説。ルソー「エミール」の要約・解説・まとめ。
2021/12/16
理想の世界(政治・平和・教育)

【人事部長の教養100冊】「ユートピア」トマス・モア

イギリスの法律家・人文主義者トマス・モアが書いた、架空の国「ユートピア」の見聞録。第一巻では当時のヨーロッパ社会を直接批判し、第二巻では理想的な社会であるユートピアを描写することで、間接的に当時のヨーロッパ社会を批判している。トマス・モア「ユートピア」の要約・解説・まとめ。
2021/12/07
理想の世界(政治・平和・教育)

【人事部長の教養100冊】「永遠平和のために」カント

人はどうすれば道徳的に生きられるか」という哲学的命題を、「世の中から戦争をなくすにはどうすればよいか」という政治的命題に拡張した「哲学的平和論」。政治と哲学に関心のある人にオススメ。カント著「永遠平和の為に」の要約・解説・まとめ。
2021/12/07