【人事部長の教養100冊】政治哲学入門

ギリシャ哲学入門

「ニコマコス倫理学」アリストテレス

  難易度 ★★★☆☆
オススメ度 ★★★★☆
 所要時間 12時間00分

万学の祖アリストテレスが「善く生きるためには何をすべきか」を突き詰めた実学の書。プラトンのイデア論(観念論)やエロス論(完全への渇望)に対するアンチテーゼとも読める。アリストテレス「二コマコス倫理学」の要約・解説・まとめ。
2021/06/14
ギリシャ哲学入門

「国家」プラトン

  難易度 ★★☆☆☆
オススメ度 ★★★★★
 所要時間 12時間30分

「国家」プラトン 基本情報 初版   BC375年前後 出版社  岩波書店(日本) 難易度  ★★☆☆☆ オススメ度★★★★★ ページ数 上巻456ページ、下巻675ページ 所要時間 12時間30分 著者 プラトン(BC427 - BC34...
2021/06/13
ギリシャ哲学入門

「ソクラテスの弁明」プラトン

  難易度 ★★★★☆
オススメ度 ★★★★☆
 所要時間 3時間30分

ソクラテスが被告の立場から、自分がアテナイで展開してきた哲学対話が何であったか、裁判で自らの信念を語った様子を、弟子のプラトン(当時28歳)が記録したもの。古代ギリシャで尊ばれた「論理」に関心のある人にオススメ!プラトン著「ソクラテスの弁明」の要約・解説・まとめ。
2021/06/13
タイトルとURLをコピーしました